異人たちとの夏 - Wikipedia

 

幼少期に亡くした両親と、中年になった主人公が再会、交流、別れる物語。

別れ際の両親に主人公が、

交流時の良い関係を振り返るが

両親が長生きしていたら、親孝行したかどうかなんてわからない、

と嘆いたあと、父親のセリフ。

自分だけは自分を大事にしてもいいんだと、ほっとなるセリフ。

 

自分を責めがちな人には金言です。